Web技術トピック&コラム

Web/App Column 2015.03.06 (Fri)

コンテンツSEOの基本「キーワードマップ」を作ろう!

コンテンツSEOとは

外部SEOが主流だった頃からは大きく変わり、
コンテンツSEOがとても重要な役割をはたしてきています。

コンテンツSEOとは、有益で質の高いコンテンツを発信し続け、検索エンジンからの自然流入を増やしていくweb集客手法をいいます。

莫大な広告費を掛けなくても費用対効果がある程度のぞめるので、大企業だけでなく、中小企業の方も積極的に取り組んでいくべきではないでしょうか?

コンテンツSEOのサイクル

コンテンツSEOのサイクルは基本的には下記図のようなサイクルで運営すべきでしょう。

コンテンツSEOのサイクル

ユーザーの求めている情報を探す(検索キーワードの選定)

ユーザーの期待に応える(有益で質の高いコンテンツ)
を繰り返し、現状をより良くするPDCAサイクルを行っていきます。

キーワードマップとは

今回は、「ユーザーの求めている情報を探す(検索キーワードの選定)」をピックアップして説明したいと思います。

「キーワードマップ」とは、メインとなるキーワードをまず設定し、それに関連するキーワードを図示化していきます。
web構築に特化した「キーワードマップ」は、webサイト全体構成図であるサイトマップの資料と連携して作成していきます。
しっかり「キーワードマップ」をサイト構築に組み込みことにより、
検索エンジンにどこのページ/ディレクトリが重要なキーワードなのかを伝えます。

検索キーワードの選定方法

自分の頭の中だけの思考では限りもありますし、
需要のある隠れキーワードはツールを最大限に活用して見つけていきましょう。

【webマスターツール】
https://www.google.com/webmasters/tools/
既にサイトを所有している場合「検索クエリ」から実際に検索からの流入を調べます。

【Google AdWords キーワードプランナー】
https://adwords.google.com/KeywordPlanner
インターネット全体の検索ボリュームを調べることができます。

【Googleトレンド】
https://www.google.co.jp/trends/
業種にこだわらず、いま日本全体でどんなことが流行っているかを調べるときに活用します。

例えば、「子ども向け ゲーム」や「男子向け ゲーム」よりも「女子向け ゲーム」の方が検索されています。
実際に検索結果に表示される件数は「子ども向け ゲーム」の方が多く、このキーワードの方が競争が激しいので、「女子向け ゲーム」という隠れ良キーワードを活用して運営していくべきなのです。

その他ツール

キーワードを羅列するだけでしたら、メモ帳やエクセルなどで作成してもよいですが、視覚的に表現したいならマインドマップの作成ツールを活用するとよいでしょう。

【XMind】
http://jp.xmind.net/

【FreeMind】
http://sourceforge.jp/projects/freemind/

サンプル

弊社運営「ゆめがあるなら」のリニューアル資料を参考に公開します。

メインキーワード:絵本、童謡、童話
サブ:動く絵本、子供向けアプリ、折り紙、学習

サイトマップ
・サイトマップ資料

キーワードマップ
・キーワードマップ資料

マインドマップ
・マインドマップ資料

検索ボリューム
・検索ボリューム資料

最後に

自分の持っている資産(コンテンツ)を最大限に活用するためにも、
「キーワード選定」はしっかり行いましょう。
世間が求めている「ニーズのあるキーワード」というものは、時代によっては変化していきます。
常にアンテナを立てて、よりよいキーワードを見つけていきましょう!

Web技術トピック&コラムの一覧へ